カナダでも猛威をふるうデルタ株、規制緩和、経済再開に影

375

BC州内陸部では感染者増により規制を再度強化

 新型コロナウイルスワクチン接種が進み、カナダの各州では規制緩和や経済再開が進んでいる。一方で、現在、デルタ株の感染者が急増していて、その動きに影を落としている。

 デルタ株は新型コロナウイルスの変異株でインドで最初に発見された。「一般論として、ウイルスは絶えず変異を起こしていくもの(厚生労働省ウェブサイトより)」というが、感染力が極めて強いとみられていて、世界で急速に拡大している。ジョンズ・ホプキンス大学の集計で、8月4日には世界の新型コロナウイルス感染者が2億人を突破した。

 カナダでは新型コロナウイルスに新たに感染する人の数は、4月中旬をピークに減少していたが、7月中旬ごろから再び増加を始めている。第4波の到来ともみられていて、デルタ株により感染が拡大しているとされている。

 カナダの感染症の研究機関、National Collaborating Centre for Infectious Diseases(NCCID)がまとめた7月8日付けまでのデルタ株の累計感染者数は、

  • カナダ全体 3053人
  • ブリティッシュ・コロンビア(BC)州 1036人
  • アルバータ州 607人
  • サスカチュワン州 125人
  • マニトバ州 189人
  • オンタリオ州 1056人
  • ケベック州 35人
  • ニューファンドランド・ラブラドール州 1人
  • ニューブランズウィック州 0人
  • ノバスコシア州 0人
  • プリンスエドワードアイランド州 2人
  • ユーコン準州 0人
  • ノースウエスト準州 0人
  • ヌナブト準州 2人

となっている。

BC州内陸部で規制を再度強化へ

 デルタ株の感染者は特にオンタリオ州とBC州で多く確認されていて、現在、2州の合計数でカナダ全体の3分の2を占めている。

 BC州では7月18日から24日の1週間で感染者全体のうち61%がデルタ株によるものだったという。また、現在、同州内陸部で起こっている感染者急増も、デルタ株が一因とみられている。インテリアヘルス保健局の管轄地域では感染者全体の89%がデルタ株に感染していた。

 感染拡大を受けてインテリアヘルス管轄の一部地域で、レストランなどでのアルコール類の提供は午後10時までにする、ナイトクラブやバーは営業を停止とするなど、いったんゆるめた規制を再度強めることになった。ブリティッシュ・コロンビア州衛生管理局長ボニー・ヘンリー博士が8月6日に発表した。

合わせて読みたい