カナダが金メダル、サッカー女子スウェーデンとの決勝でPK戦を制す

377
Photo courtesy of Canada Olympic Committee
東京五輪で金メダルを獲得したカナダ女子サッカーチーム。2021年8月6日(日本時間)、横浜国際総合競技場。Photo courtesy of Mark Blinch/Canada Olympic Committee

 東京オリンピックで8月6日(日本時間)に行われたサッカー女子決勝は、延長PK戦の末カナダがスウェーデンを下し、金メダルに輝いた。2012年ロンドン、16年リオデジャネイロと2大会連続銅メダルに終わり悔し涙を飲んだカナダ代表。ついに悲願達成となった。

時間も会場も変更となった決勝、暑さのため異例の午後9時開始

 サッカー女子決勝戦は、試合時間と会場が変更になった。

 決勝戦は8月6日午後9時(日本時間)から横浜国際総合競技場で行われた。カナダ西部夏時間では午前5時、東部夏時間で午前8時開始。当初は8月6日午前11時(日本時間)に東京オリンピックスタジアムで試合開始の予定だった。

 CBCの報道では、東京オリンピック女子サッカー決勝戦に進出したカナダとスウェーデンが、国際オリンピック委員会に対して試合時間の変更を求めていたという。スウェーデンが試合開始時刻の変更を要請し、カナダサッカー協会(Canada Soccer Association: CSA)も「選手らの健康と安全を確保するため」、その要請を支持するというものだった。

 さらに『CBC』は、デカスロン100m走競技は4日午前9時(日本時間)に東京オリンピックスタジアムで気温33度の中で行われたが、湿度が高いため47度に感じられたと東京の暑さを伝えていた。

 カナダサッカー協会がツイッターで試合時間の変更を発表すると、「よかった。アスリートたちにとって、真昼の暑さの中でプレイすることがどれほど危険なことだったか想像を超える」「がっかりしたが、脱水や熱中症の心配を考えると当然!!」「オリンピックで試合時間の変更は大変だったと思う。陰で努力した人たちに感謝したい」と歓迎のコメントが集まった。

 一方、平日の早朝の試合になったためライブで観戦できないという不満の声も出たようだ。

 連日、猛暑の中で開催されている東京オリンピックでは、テニスの試合開始時刻が途中から午前11時から午後3時に変更された。

試合時間変更を告げるカナダサッカー協会のツイート

東京オリンピック、サッカー女子決勝戦に向けて


合わせて読みたい関連記事