カナダ代表ユニフォーム、北京五輪からルルレモンがデザインを担当

344
Team Canada x lululemon
Photo courtesy of Canada Olympic Committee

 カナダオリンピック委員会(COC)は9月23日、来年2月に中国・北京で開催される冬季オリンピック、3月パラリンピックから、カナダ代表のユニフォームデザインをルルレモンが担当すると、カナダパラリンピック委員会(CPC)との共同声明で発表した。2028年にアメリカ・ロサンゼルスで開催される夏季オリンピックまで4大会の契約となる。

 ルルレモンCEOカルビン・マクドナルド氏は声明で「カナダ人として、オリンピックファンとして、カナダオリンピック委員会、パラリンピック委員会とパートナーシップを組めることは、ルルレモンにとってこれ以上ない光栄なこと」と述べ、世界の舞台で活躍する選手たちを全力でサポートしたいと語った。

 COC代表デイビッド・シューメイカー氏は「ルルレモンをチームカナダの一員として迎え入れられることをうれしく思う」と声明を発表。CPC代表カレン・オニール氏も、ルルレモンとのパートナーシップは、障害のあるなしにかかわらずスポーツを推進し、チームカナダに高品質でスタイリッシュなユニフォームを提供してくれるだろうと歓迎した。

 これまではHBC(Hudson’s Bay Company)がカナダ代表ユニフォームのデザインを手がけてきた。今夏東京で開催されたオリンピック、パラリンピックでは閉会式に選手たちが着用したデニムのユニフォームが注目を集めた。

 ルルレモン(lululemon athletica)は、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーに本社を置く、同名ブランドのヨガウェアを中心としたスポーツウェアなどを製造販売するアパレル企業。現在はアメリカを中心に世界中に販売網を広げている。

 今回のパートナーシップにより、オリンピック・パラリンピックの開会式、メダル授与式、閉会式、メディア会見、選手村で、カナダ代表が着用するユニフォームを担当する。

合わせて読みたい関連記事