2月22日は猫の日、そして回文の日

554

 来週の火曜日は2月22日だ。日本では「ニャン・ニャン・ニャン」で「猫の日」として知られているが、英語圏では2022年2月22日は「Palindrome Day(回文の日)」。

 回文の日とは上から読んでも下から読んでも、同じになる日のことで、2022年2月22日はアメリカ英語式に「月/日/年」とすると「2/22/22」、イギリス英語式の「日/月/年」でも「22/2/22」となる。

 そのため、カナダやアメリカの一部の小学校などでは、22日に「回文の日」イベントを予定している。

 2月2日も「2/2/22」で回文の日だったが水曜日だった。一方、2月22日は火曜日、TuesdayでTwosdayと発音がTwo(2)に似ているため、「こんなに2がそろう日はない」とSNSでも盛り上がっている。

 日本の猫の日については、「猫の日制定委員会」が1987年に2月22日を「猫の日」と制定したというものだが、世界各国で異なる猫の日が存在している。たとえば「International Cat Day」は8月8日。International Fund for Animal Welfareが2002年、猫への関心を高めようと定めたという。

合わせて読みたい関連記事