2024年CFLグレイカップはバンクーバーに決定

139
2011年優勝したBCライオンズ選手がグレイカップを掲げる。バンクーバー市BCプレース、2011年11月27日。Photo by ©Sam Maruyama/Pacific Walkers
2011年優勝したBCライオンズ選手がグレイカップを掲げる。バンクーバー市BCプレース、2011年11月27日。Photo by ©Sam Maruyama/Pacific Walkers

 カナディアンフットボールリーグ(CFL)は2024年に開催される第111回グレイカップの開催地がBCライオンズの本拠地バンクーバーに決定したと11月2日発表した。

 グレイカップは、そのシーズンのCFL優勝チームに贈られる優勝カップの名称だが、一般的に優勝決定戦のことも指す。チームはこのグレイカップ獲得のために毎シーズン戦っている。

 CFLは9チームが東西地区に分かれ、レギュラーシーズン18試合を戦う。BCライオンズを含む西地区が5チーム、東地区4チーム。各地区レギュラーシーズン上位3チームがプレーオフに進出。東西の優勝チームがグレイカップに進出する。

 グレイカップの開催地では、決勝戦の1週間前からグレイカップウィークが始まり、街はCFLファンであふれ、お祭り騒ぎとなる。

 前回のバンクーバーでのグレイカップ開催は2014年。その前には2011年にも開催。この時は、BCライオンズが優勝し、大盛り上がりとなった。以来、優勝から遠ざかっている。

 今季のライオンズは、西地区2位となり久しぶりに本拠地BCプレースでプレーオフを迎え、カルガリー・スタンピーダーズに勝利。今月13日にはグレイカップへの切符をかけてウィニペグでブルーバマーズと戦ったが、20-28で敗れた。

 今年の第109回グレイカップは、20日にサスカチュワン州レジャイナで開催。東のトロント・アーゴナッツと西のウィニペグ・ブルーバマーズが対戦する。

合わせて読みたい関連記事