グラウスマウンテン、今日からゴンドラも運行再開

545
Skyride of Grouse Mountain, North Vancouver, BC
グラウスマウンテンの頂上へスカイライドで。ノースバンクーバー市。Photo © バンクーバー新報

 バンクーバーの人気観光スポット、グラウスマウンテンが6月22日から再開した。多くの人気アトラクション同様に3月から新型コロナウイルス感染拡大の影響で閉鎖していたが、この日から感染防止策を徹底しながら利用を再開した。

 グラウスマウンテンの頂上までの ロープウェイゴンドラ「スカイライド」は 年間パス所有者、もしくは事前にチケットを購入した人のみの利用可能。フィジカルディスタンスを実行するために、ゴンドラ内の乗客を70%減少して運行する。

 またグラウスマウンテンに併設されている人気ハイキングコース、グラスブラインドも同日から再開。利用は登りのみで下りは予めゴンドラのチケットを予約しておくか、BCMCルートを利用して下山する。

 ゴンドラ乗車時はマスク着用を義務化、上り下りともに乗車前には体温もチェックされる。 

バンクーバーでは多くの施設が続々と再開へ

 街は5月からの第2段階からレストランや小売店、美容院などが営業を再開し、徐々に活気が戻っていた。そして6月に入りさらにエンターテイメント施設などが再開を始めている。

 バンクーバーでは15日にバンクーバー・アート・ギャラリーがオープン。18日にはカナダプレースにあるフライオーバー、19日にはノースバンクーバー市のキャピラノ・サスペンションブリッジが続いた。

 再開に向けどの施設でも、徹底した新型コロナウイルス感染防止対策を実行して、万全の態勢で市民を迎え入れている。

 どこも観光客に人気のスポットだが、当分はBC州民が独り占めできる状況が続きそうだ。