9月から高校は4学期制に移行か?

1127

~1学期に2科目履修、合計8科目~

 新学期を約2週間後に控え、メトロバンクーバーの学校区では9月からの学校再開の概要を決定しつつある。8月19日から21日にかけてバンクーバー、バーナビー、ノースバンクーバーなどが、セカンダリースクール(8年生から12年生)や10年生から12年生までは、4学期制に移行することを予定していると発表した。現在、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州の教育省からの最終的な承認待ちだという。

 BC政府では7月29日、レイバーデイ明けの9月8日よりK-12年生までの学校再開を発表。続いて8月12日には、9月からの学校再開では新学期にまずスタッフ、そして生徒のオリエンテーションを行い、生徒の授業開始は9月10日としていた。

 4学期制でオンライン学習も再度導入?

 BC州政府は7月29日に、レイバーデイ明けの9月8日よりK-12年生までの教室での授業を再開することを発表。12年生までは6月のような隔日登校ではなく、フルタイムでの授業に移行するとしたほか、生徒や教師の安全確保のための対策の大枠を明らかにしていた。

 発表に従い、各学校区では再開計画を準備していて、現在、バンクーバー、バーナビー、ノースバンクーバーなどの学校区のセカンダリースクール(8年生から12年生)、または10年生から12年生までは4学期制への移行を予定しているという。

 たとえばバンクーバー学校区で現在、8年生から12年生までのセカンダリースクールについては

  • 1学期あたり10週間の4学期制
  • 1学期に2科目のみ履修。4学期なので2x4=8で年間に履修できて、年間履修科目数はこれまでどおり8科目(サマースクールなどでの単位を除く)
  • 午前中はクラスで教師による1科目の授業を受ける。午後は自宅またはWifiやデバイスにアクセスができる学校内で自習。午前クラスと午後クラスは2週間とごに変更
  • クラスで授業を受けるか、オンラインで学習するか、どちらでもよい時間、Flex Time (フレックスタイム)も導入

とする予定。

 9月10日から11月半ばまでの10週間で1コース目が数学、2コース目で化学を履修する場合、9月10日から最初の2週間は午前が数学、午後が化学で、午前中はクラスで授業を受けて、午後は自宅でオンライン学習となる。9月下旬からは10月初旬までは午前に化学をクラスで、午後に数学をオンラインで学習、次の2週間は再び午前に数学、午後に化学というようになる。

 1学期の単位を短くして履修科目も減らすことで、各期間に同じ教室で学ぶ人数、つまりは接触する人数を制限することができる。

 一方、バーナビー学校区、ノースバンクーバー学校区では9年生までは月曜から金曜まで毎日、一日中、授業を行い、10年生から12年生のみオンライン学習を含めた10週間ごとの4学期制導入を検討しているという。

 各学校区の計画は州政府教育省の承認を待っている。また、保護者や教職員らとの話し合いも引き続き行われているため、今後さらに変更がある可能性もある。

 バンクーバー学校区では6月に、9月から1月までで4科目、残りの2月から6月で別の4科目を学習して、年間に8科目を履修する2学期制への移行を発表していたが、今回さらに変更して現在のところ4学期制を予定している。

 学校区によってFlex Timeなどの授業形態、そして学期の決め方が異なる。

 9月からバンクーバー学校区のセカンダリースクールで11年生になるエリザベスさんは「2カ月という短期間に11年生の数学を終えるなんて、集中力が持つか自信がありません」と不安を語る。また、バーナビー市のセカンダリースクールに通う子どもを持つというK子さんは「やっと学校での授業が再開すると思っていただけに、半日授業と知ってがっかりしました」と残念がった。

バンクーバー学校区の再開案を説明するYouTubeビデオ


 ***

合わせて読みたいニュース記事