BCグリーン新党首がホーガン州首相をけん制

231

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州グリーン党の新党首にソニア・ファーステノー議員が決まった。

 3人が立候補した党首選で、ファーステノー議員は最終投票で次点のキャム・ブレウワー氏と300票差という僅差での勝利となった。

 BCグリーンは2017年のBC州選挙でアンドリュー・ウィーバー前党首の下3議席を獲得。ファーステノー議員はそのうちの1人。前ウィーバー党首は今年1月に辞任を発表していた。

ホーガン州首相にメッセージ「解散選挙は時期尚早」

 ファーステノー新党首は勝利宣言で、BC州NDP(新民主党)政権ジョン・ホーガン州首相に「(NDP政権は)州を治める責任がある、政治ゲームはしないように」と述べ、「今は自分が権力を高めるための解散を行う時期ではない」とけん制した。

 2017年の選挙では、NDPは議席数で自由党より下回ったが、グリーン党の3議席と非公式な連立という形で政権を担い、現在に至っているという経緯がある。

 新型コロナウイルス感染が拡大した3月以降、BC州政府は次々と防止策を実施。経済的な支援やBC衛生管理局長ボニー・ヘンリー博士への絶対的な信用を示すなどしたことが功を奏してか、最近の世論調査ではホーガン州首相が全国の州首相の中で最も支持が高いという結果が出ている。

 そうした好機をつかんで、議会を解散し選挙を実施するのではないかとの憶測が飛んでいる。早ければ来週早々にも解散を発表する可能性もあるとの報道もある。

 記者会見で質問されたホーガン州首相も選挙について完全否定はしていない。そうしたNDP政権の動きに対して、これまで協力してきたグリーン党の新党首が声をあげた形となった。

合わせて読みたいニュース記事