BC NDP leader John Horgan after election; Photo from BC NDP flickr
BC NDP ジョン・ホーガン党首、投開票後の会見の様子。 Photo from BC NDP flickr

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州選挙は24日に投開票が行われ、BC新民主党(NDP)が圧勝で2期目が確実となった。

 24日午後8時に投票が締め切られ各局の開票速報が始まって、BCNDPの過半数越えまでそれほど時間はかからなかった。

 カナダ公共放送局CBCが発表した予測結果は、BC州議会47議席のうち、BCNDP55、BC自由党29、BCグリーン党3。過半数に必要な44議席を大きく上回る予測結果となった。

 ただこの日の結果は、24日投票分と21日に締め切られた期日前投票分のみで、郵送による投票は含まれていない。

 BC選挙管理委員会によると、郵送による投票数は約52万5,000票。不在者投票75,000票と合わせて、最終集計される。これらの集計には数週間を要するということで正確な最終結果が出るのは早くとも11月16日と発表している。

 得票数差が僅差で、まだ当選確定が出ていない選挙区もある。最終集計までは正確な議席数は分からない。それでもBCNDP過半数は揺るがないという各局放送局での選挙結果発表となっている。

コロナ禍の選挙に掛けたホーガンNDPの圧勝

 選挙速報がひと段落し、野党2党の党首会見が終了後にBCNDPジョン・ホーガン党首が姿を表した。

 「すべての票の集計が終わらないと最終的な結果は出ない」としながらも安堵の表情を浮かべた。

 2017年選挙では当時のグリーン党アンドリュー・ウィーバー党首の協力を得て、議席数では多かった自由党に替わって政権を担った。

 しかし少数派政権のため、議会での法案成立には常にグリーン党の協力を必要とした。議会を解散する直前の議席数は、NDP41、自由党41、グリーン3。

 そこで新型コロナ禍で支持率を伸ばしたNDPが過半数越えを目指して任期満了まで1年を残して解散選挙に打って出た。背景には新型コロナ対策が功を奏して、世論調査会社アンガスリードが8月に発表した国内の州首相支持率で69パーセントと全国最高の支持率という追い風があった。

 その甲斐あって結果は圧勝。勝利宣言のあいさつでは、新型コロナ禍でBC州政府と2人3脚で対応に当たっているBC衛生管理局長ボニー・ヘンリー博士に真っ先に感謝の言葉を述べた。

 BCNDPが2期連続政権を取るのは史上初めて。NDPにとって、ホーガン党首にとって、歴史的な選挙となった。

すべてのBC州民のために、明日から早速政府として活動再開

 圧勝だった選挙結果の翌日、バンクーバー市内で会見したホーガン州首相は、投票した党にかかわらず「すべての州民のために政治をする」と会見で語った。

 最優先課題は新型コロナ対策。選挙期間中にBC州内の感染者数は急増している。22日には1日の感染者数が274人と最多を記録した。

 会見では、選挙期間中にさまざまな人から受けた意見に刺激されたと語り、「その意見がどこからのものであろうと、州にとっていいと思うものは取り入れていきたい」と語った。野党の時には州民のために有益だと思った意見も与党時代の自由党に一蹴された苦い経験があると説明して、「議員全員で協力するというのがBCNDPのやり方」とも語った。

 会見終了間際には、「今日はビクトリアに帰ってやっとゆっくり寝られる」と笑い、明日から早速政権運営を再開すると語った。

トルドー首相がホーガンNDP圧勝を祝福

 ジャスティン・トルドー首相はBCNDPの2期目確定を祝福した。自身のツイッターに「これまで協力してきた政策を今後も継続できることを期待している」と投稿。「ブリティッシュ・コロンビア州民のためにまだまだ我々でできることがある」と声明で発表した。

トルドー首相のBC州選挙に関する声明文: https://pm.gc.ca/en/news/statements/2020/10/25/statement-prime-minister-results-provincial-election-british-columbia

合わせて読みたいニュース記事