BC自由党ウィルキンソン党首が辞任を発表

330

 惨敗に終わった24日のブリティッシュ・コロンビア州選挙から二日後の今日、BC自由党アンドリュー・ウィルキンソン党首が辞任を発表した。

 会見は3分ほどの短いもので、記者からの質問も受けなかった。

 ウィルキンソン党首は会見の中で、「党首として自由党を率いることができたのは光栄だった」と語り、「ただ党首の役割を誰かに引き継ぐ時だと思う」と辞任することを明らかにした。

 次期党首が決まるまでは党首を継続するという。党にはすぐに党首戦の準備にかかってほしいと告げたと語った。

1991年以来の惨敗に終わった州選挙

 24日の結果は自由党にとって厳しいものだった。前回選挙では43議席を獲得したが、過半数を取れずに政権をBC新民主党(NDP)に譲った。

 それから3年。新型コロナウイルス対策でNDPが支持率をあげている間に、その存在感を示す機会はなく、今回は29議席にとどまった。

 「まだ最終的な集計は終わっていないが、NDPが政権を継続することは確実」とウィルキンソン党首。24日には敗北宣言を避けたが週明けの今日にはNDPの政権継続を認めた。

 自由党は2001年に政権を取って以来、2017年の選挙後に政権を譲るまで圧倒的な支持を受けていた。

 29議席は1991年以来の少ない議席数という。新党首には党の再建という大きな任務が待ち受けている。

合わせて読みたいニュース記事