クラスターでフレイザーヘルス管轄3校が休校に

1504

 フレイザーヘルスが11月14日付けメディアリリースで、学校での新型コロナウイルス感染拡大により、サレー市Cambridge Elementary School、デルタ市Jarvis Elementary School 、ニューウエストミンスター市の私立校、Al-Hidayah Schoolが休校になることを発表した。

 Cambridge Elementary Schoolでは7人、Jarvis Elementary Schoolは6人、Al-Hidayah Schoolは8人の感染が確認されていて、いずれの学校も2週間休校となる。フレイザーヘルスではCambridge Elementary SchoolはOutbreakだとしていて休校を要請、Jarvis Elementary SchoolとAl-Hidayah SchoolはClusterで二校は学校側が自主的に休校とした。

 フレイザーヘルスからの要請を受け、サレー市教育委員会のJordan Tinneyは同校に通う生徒の保護者に宛てて、休校を知らせる書状を送付している。感染者の発生は10月半ばにさかのぼり、2週間休校にすることで感染の連鎖を断ちたいとの考えだという。

 また、学校の安全が最も重要であるとして、家族に理解と忍耐を求めている。自宅での学習については、追って連絡するそうだ。

 フレイザーヘルスでは、管轄地域に住む人たちに対して、新型コロナのような症状がある場合、できるだけ早くPCRテストを受けるよう呼び掛けている。

サレー市教育委員会のJordan Tinneyのツイート


学校での感染についての、フレイザーヘルスの用語解説は次のとおり。
Exposure: ウイルスがうつる期間に、新型コロナに感染した生徒や職員の一人が学校に通っていた。

Cluster: ウイルスがうつる期間に、二人以上の新型コロナに感染した生徒や職員が学校に通っていた。感染が学校で起こっている可能性がある。

Outbreak:多数の生徒や職員が新型コロナに感染。学校内で感染拡大の可能性がある。

 合わせて読みたいニュース記事

多数の学校で依然コロナ感染者発生
コロナ感染者発生で二校が休校
私立校の課外授業で、コロナ感染者に接触
バンクーバーの小学生を持つ保護者の多く、学校での学習を選択
BC州、段階的な学校再開へ
BC州、9月の新学期より登校授業再開へ