BC州、今冬一番の寒さ襲来

1456

 BC州沿岸部にこの冬一番の寒気が流れ込む見通しという。環境・気候変動省が2月6日に特別予報を出した。

 この冬は比較的温暖だったが、7日から8日の朝にかけて北極圏からの寒気が襲来して、9日(火曜日)には例年の平均より沿岸部では10度から20度、内陸部では10度から20度低い気温が予測されている。

最低気温はマイナス10度の見込み ©Environment and Natural Resources Canada 予報のスクリーンショット
最低気温はマイナス10度の見込み ©Environment and Natural Resources Canada 予報のスクリーンショット


 予報を受けて、バンクーバー市ほか各自治体では、教会やユースセンターのシェルターをオープンしているほか、車の運転時には道路の状況に気を付けるよう呼び掛けている。

 BC州のピースリバーやフォートネルソンではマイナス40~45度が予測されるとして警報が出ている。

バンクーバー市のツィート
赤いエリアには7日時点で警報がでている ©Environment and Natural Resources Canada

 寒気はほぼカナダ全体を覆っていて多くの地域で警報が出ている。

合わせて読みたいニュース記事