アストラゼネカ製ワクチン接種に予約殺到:BC州(更新)

746

(4月1日更新。アストラゼネカ製ワクチンを薬局で接種した女性の話を聞いたので、太字で加えた)

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州で、薬局でのアストラゼネカ製ワクチン接種の予約が始まった3月31日、予約が殺到して混乱が起きた。

 薬局でのアストラゼネカ製ワクチン接種対象はバンクーバーコスタルとフレーザーヘルス区域に在住する55歳から65歳までの希望者で、30日の発表では予約は31日から参加している薬局に直接連絡することになっていた。

 サンシャインコーストのロンドンドラッグスに勤務する、薬剤師の佐藤厚さんは本紙の取材に対して、「朝から電話が止まらず大変でした」と語った。しかし、3月31日現在、アストラゼネカ製ワクチン接種を行う薬局はロワーメインランドが中心で、バンクーバー島やサンシャインコーストの薬局では対応していない。

 対応している店舗でも、殺到した予約によりすぐに供給を上回り、waitlistとなってしまった。ロンドンドラッグスでは状況をTwitterに投稿したこともあり、午後からは電話の問い合わせが多少落ち着いたという。

 「ファイザー社やモデルナ社のワクチンと異なり、アストラゼネカ社のワクチンは超低温保管が必要でないことから、薬局での接種が始まるのではないかとは思っていましたが、それがいつからなのかは全く分かりませんでした」(佐藤さん)

 4月1日にアストラゼネカ製ワクチンを接種したというグレナさん(57歳女性)は、公立小学校の補助教員を務める。BC州政府の発表を受けて、3月31日にアポイントを取るため、住んでいる地域の薬局に電話をかけ続けた。6件目でようやく対応している店を見つける。「31日の午後に、メトロタウンのショッパーズドラッグマートから夕方に行けば、先着順で受けることができると聞きました」

 午後6時との指示だったそうだが、5時に到着して2時間待って、結局、接種を受けることはできなかった。諦めきれずに4月1日の朝にもう一度、別の薬局に電話したところ、「今なら受けることができる」と言われて駆け込んだ。「学校関係者ということで優先グループではあるのですが、感染者が急増している今、少しでも早くワクチンを打ってもらいたくて頑張りました。これでひと安心です」と晴れやかな笑顔で語った。


 アストラゼネカ製ワクチン接種を受けることができる薬局は、ブリティッシュコロンビア薬局協会のウェブサイトで確認することができる。
www.bcpharmacy.ca/resource-centre/covid-19/vaccination-locations 

 接種時にはBCサービスカードかケアカードに記載されているパーソナルヘルスナンバーが必要。

接種予約枠が埋まったことを告げるロンドンドラッグスのTweet

 

合わせて読みたいニュース記事