BC州新型コロナ新規感染者数最多を更新、ブラジル変異株拡大の懸念も

128

 新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。ブリティッシュ・コロンビア(BC)州保健省が3日発表した新規感染者数が3月31日の過去最多をさらに更新した。

 発表されたのは2日間分で、4月2日は1,018人、3日1,072人。3月31日は1,013人だったため、2日連続での記録更新となった。

 最も感染者が多かったのはフレーザーヘルス区域で、2日間で1,052人、次いでバンクーバーコスタルヘルス709人。

 3月29日にはBC州衛生管理局長ボニー・ヘンリー博士が4月19日までの期間限定で公衆衛生命令を強化。レストランやバーでの店内飲食禁止や屋内での宗教行事再禁止、屋内での大人向けグループフィットネス活動停止など厳しい内容となっている。

 「サーキットブレーカー」期間として感染の連鎖を断ち切るのが目的だが、イースター(復活祭)だった週末の連休に規制を無視した行動が多く報道された。イースターからちょうど2週間後が4月19日。感染者数が減少に転じなければ、延長される可能性も高い。

 感染者の多くが室内での活動によるということで室内活動が多く禁止されたが、家庭や職場での感染も依然として多いという。

 バンクーバーを本拠地とするナショナル・ホッケー・リーグ(NHL)バンクーバー・カナックスでもクラスターが発生した。公式に発表されているところによると4日時点で、チーム登録22選手のうち16選手がNHLのCOVID-19プロトコル(感染拡大防止対策規約)リストに載っているという。さらにコーチも感染していると発表している。すでに4試合が延期され、試合に影響が出ている。報道によるとブラジルで確認された変異株の感染が多いという。

 3月29日の会見でヘンリー博士はウィスラーブラッコム・スキーリゾート営業停止の決定を発表したが、その時もブラジル変異株が拡大していることに言及した。

 ワクチン接種は前倒しで進んでいるBC州だが、明日にも変異株について記者会見で何らかの説明があるとみられている。

合わせて読みたいニュース記事