BC州2回目接種は8週間後、大幅に前倒しへ

194

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州新型コロナワクチン接種の2回目が大幅に早められる。

 この日会見したBC州衛生管理局長ボニー・ヘンリー博士は、1回目接種から遅くとも8週間後には2回目を接種できると語った。ワクチン供給が増加するためで、これまでは最大で16週間後としていた。8月中には全員が接種完了する予定。

 すでにこの日から対象者には2回目接種の知らせを送っているという。まずは70歳以上の高齢者と疾患がある人からで、基本的には年齢順に進められる。

 予約が可能になると登録しているEメールアドレスや電話番号にその旨の案内が届く。そのため、1回目が、4月15日以前の事前登録システムが導入される前で各保健当局に電話予約だったシニアや薬局でアストラゼネカ製だった人に早めに登録するよう呼びかけた。

 ただ1回目が事前登録でなかった人でも、州の新型コロナワクチン接種システムには名前やワクチンの種類などの詳細が登録されているため、事前登録していないからといって2回目が受けられないという心配はないという。

 もし対象になっているにもかかわらず事前登録されていない場合は、保健当局から2回目接種の知らせが郵便で届くとヘンリー博士が説明した。「事前登録よりは少し遅くなるかもしれないが全員確実に接種することができる」と語った。

ワクチン接種率はすでに65パーセント以上

 この日の発表によると、少なくとも1回目のワクチン接種を終えた州民は3,032,811人。18歳以上の65.8パーセント、12歳以上の62パーセントになるという。

 今月25日から第1段階が始まった規制緩和計画では、6月15日からの第2段階へ進む条件の1つとして18歳以上ワクチン接種65パーセント以上となっていたが、今日の発表ですでに超えていることが明らかになった。

 ただこの日の新規感染者数は378人と前日より120人以上多く、入院患者数も286人(集中治療患者88人)と依然として多い水準となっている。

合わせて読みたい関連記事