BC州、レストランやスポーツ観戦にワクチンパスポート導入へ

502

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州政府は、必要不可欠以外の活動やイベントに参加する場合に、州民に新型コロナウイルスワクチン接種証明の提示を義務付けると発表した。実施は9月13日から。

 「州保健局からの新たな命令により、12歳上を対象に、州内の幅広い社交行事、レクリエーション、イベントへの入場の際に、ワクチン接種証明書の提示が求められることになる」という。

 9月13日からは1回のワクチン接種を終えていること、10月24日までにはワクチン接種を2回終えて7日以上が経過していることを証明しなければならないとしている。

 対象となるのは、屋内で開催されるチケット制のスポーツイベント、レストランでの屋内およびパティオでの食事、フィットネスセンター、カジノ、または会議や結婚式など屋内で開催されるイベントなどとなっている。

 証明書の入手方法は後日詳細が発表されるが、この日の発表では、9月13日までに安全なウェブサイトのリンク先が提供され、予防接種証明書にアクセスすることができるようになると説明した。

 また、ワクチン接種証明書のコピーをスマートフォンに保存して必要時に提示できるようにするほか、オンラインで接種証明書にアクセスできない人には代替方法が提供される。

 会見したBC州衛生管理局長ボニー・ヘンリー博士は、さらなるワクチン接種を促すのが目的と説明し、詳細は後日発表すると語った。

 8月23日時点でBC州でのワクチン接種率は、接種が可能となっている12歳以上で1回目の接種を終えているのは85パーセント、2回目は76.1パーセント。全国でも高いワクチン接種率のBC州だが、8月に入り感染者数が急増し、毎日600人から700人の新規感染者が確認されている。

合わせて読みたい関連記事