バンクーバー高級住宅街にクーガー出現?!

595
Photo from BC Conservation Officer Service Twitter
Photo from BC Conservation Officer Service Twitter

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州バンクーバー市の高級住宅街で知られるショーナシー地区で18日、クーガーの目撃情報が相次ぎ、バンクーバー市警察が出動する騒ぎとなった。

 場所は、グランビル・ストリートと20thアベニュー辺りで、午後1時ごろのことだったという。

 野生動物保護や自然保全を行うBC Conservation Officer Service(BCCOS)も閑静な住宅街に突然現れたネコ科の大型動物の捜索に加わった。

 バンクーバー市警によると、近くの学校にも安全のために通知したという。

 結局見つかったのは、「クーガーでも、チーターでも、200ポンド(約90キロ)のジャガーでもなく、サバンナキャットでした」とBCCOSがツイッターで報告した。

 BCCOSによるとサバンナキャットは、BC州では規制外来種(Controlled Alien Species)に指定されていないという。BC州が指定する規制外来種とは、州に生息していない動物種で、野生動物とはみなしていない動物と定義している。

 見つかったサバンナキャットは無事に持ち主の元に返された。閑静な住宅街の午後を騒がせたクーガー出現は、結果的には何事もなく逃げ出したペットということで解決したが、BCCOSはツイッターで「このような情報が寄せられたおかげで、無事に飼い主と再会することができました」と通報した市民の協力に感謝した。

合わせて読みたい関連記事