バンクーバーの7月最後の週は30度越えの猛暑に

264
Image from The Weather Network website
Image from The Weather Network website

 今ひとつ暑さが盛り上がらない夏となっている今年のバンクーバーだが、7月最後の週は今年一番の暑さとなりそうだ。

 ウェザーネットワークによると、今週末から高気圧が広くブリティッシュ・コロンビア(BC)州を覆い、晴れが続くと予報。最高気温は26日(火)がバンクーバーでも31度の猛暑予想で、その後も28度から30度の日が続く。BC州内陸部では40度を超えるところも。例年ならバンクーバーの7月最終週の平均最高気温は約23度。

 今年は春から初夏にかけて例年よりも気温が低い地域が多かったため、気温が30度を超えなくても体感温度が35度くらいになることがあるという。

 BC州公安省は、早ければ23日にも高温警報が出される可能性があるとして、注意を呼びかけている。高温警報は、高温や高湿度により熱中症や熱性疲労を引き起こす危険性が高くなったときに発令される。

 真夏日となる暑さは7月末の週末まで続くと予想されている。

カナダ東部でも40度近くまで上昇する可能性

 カナダ東部でも気温が急上昇するとの予報にカナダ環境省は注意を呼びかけている。週末には最高気温が30度後半から40度になる可能性があるという。

 ニューファンドランド&ラブラドール州、プリンスエドワード島州、ノバスコシア州、ニューブランスウィック州、ケベック州、オンタリオ州で、高温注意報が出されている。最低気温も20度以下にならず、この暑さは24日まで続くという。

合わせて読みたい関連記事