ラングレーで早朝に起きた発砲事件、3人死亡、2人負傷

297

 早朝に緊急警報がスマートフォンから鳴り響いた。ラングレー市で起きた発砲事件の容疑者への警戒を知らせる内容が、バンクーバー広域圏の住民に発信された。

 時間がたつにつれ事件の概要が明らかになった。

 ラングレーRCMP(連邦警察)によると、午前0時ごろラングレー市で最初の発砲事件が発生、その後場所を変え午前3時40分ごろに2回目、午前5時ごろに3回目、午前5時45分ごろに4回目の発砲事件が起きたという。4件とも場所が異なるがラングレー市内とその近郊で、数キロ件内で起きた。モールやカジノ、住宅街など人が多く行き交う場所での発砲事件に衝撃が走った。

 クリーク・ストーン・プレースで起きた1回目とローガン・アベニューとグロバー・ロード近くのバスループでの3回目の発砲で、ホームレスの男性2人が死亡。2回目が発生した203Aストリートとフレーザーハイウェイではホームレスの女性が撃たれ病院に運ばれたが重体、4回目のラングレーバイパスと200thストリートでは男性が脚を打たれ負傷した。

 容疑者はジョーダン・ダニエル・ゴビン(28)。警察は、男は4回目の発砲が起きた現場近くで警察官によって射殺されたと発表した。IHIT(The Integrated Homicide Investigation Team)は、ゴビン容疑者について知っている人を探していると呼びかけている。

 動機は分かっていないが、ホームレスを狙って発砲していたと見られている。

 緊急警報は、午前6時20分ごろ、午前7時20分ごろ、午後3時ごろの3回ラングレーRCPMによって発信された。

 ブリティッシュ・コロンビア州では発砲事件が相次いでいる。州都ビクトリア市近郊では先月、銃を持った双子の兄弟による銀行強盗事件が起きた。白昼に街中で警察との銃撃戦となり、2人とも死亡した。

合わせて読みたい関連記事