イエールタウンの刺殺事件で34歳の女を逮捕

281

 バンクーバー市警は、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州バンクーバー市内のイエールタウン地区で起きた刺殺事件に関して、女を第2級殺人罪で逮捕したと7月19日発表した。

 事件は7月11日の朝、スマイスとホーマー・ストリート付近で発生。周辺を歩いていたジャスティン・モーマン(29)さんが刺され、病院に運ばれたが間もなく死亡した。

 警察は17日の夜にリンゼイ・スコット(34)を逮捕。被害者と容疑者は「恐らく互いに面識はなかった」としている。

 それでも動機や2人の関係をさらに捜査するために、警察は、被害者の写真を公開し、さらなる情報提供を求めている。また、7月11日の朝にスコット容疑者に接した人にも警察に連絡するよう呼びかけている。容疑者の写真は公開されていないが、白人で髪は短めの赤褐色、身長167センチ、体重50キロ、犯行時は黒ずくめの服装をしていたという。

 スコット容疑者は、この刺殺事件の15分前にもデイビー・ストリートで21歳の女性を攻撃したと見られ、暴行罪に問われている。この件においても容疑者と被害者の間に面識はなかったとみられている。

 同事件は、2022年に入ってバンクーバーで起きた8番目の殺人事件となった。知らない人間から攻撃される事件(stranger attack)が増えているが、死亡者が出たのは今年に入って初めてという。

合わせて読みたい関連記事