1回目ファイザー、2回目モデルナ接種体験

221

 急ピッチで進んでいたカナダの新型コロナウイルスワクチンの接種だが、6月になりファイザー製ワクチンの供給が遅れている。1回目にファイザー製ワクチンの接種を受けたのにかかわらず、2回目はモデルナ製を接種されるケースが増えているという。

 カナダ政府はmRNAワクチンは同じワクチンという姿勢だが、不安を感じている人は多い。

 1回目にファイザー製、2回目にモデルナ製ワクチンを接種した50歳代女性に話を聞いた。

***

不安の中、2回目接種予約

 私が1回目の接種を受けたのは5月7日でファイザー製でした。

 6月下旬になって、どんどん2回目接種の案内が届いているようで、家族の職場でも私より若い人に通知が来ていると聞き、私はシステムに入っているのか心配になりました。そんな中で6月25日に予約メールが来ました。

 調べたところ、希望の接種会場では7月10日以降しか予約枠はありませんでした。でもキャンセルがあったのでしょうか。直近で6月29日の12時40分という枠のみ見つかったので、とりあえず押さえました。6月29日でほかの時間はありませんでした。

 同じく1回目ファイザーだった友人の一人は既に2回目の予約メールが届いていて、7月16日に予約したということでした。彼女の周りでも「今、接種を受けると、ファイザーがなくてモデルナになるらしい」という話になっていて、彼女も予約をキャンセルしようか迷っていると言います。

 mRNAはファイザーもモデルナも同じと言いますが、私は不安を感じています。できればファイザーで2回とも受けたかったので、予約を変更するか悩みました。でも遅らせたからといってファイザーになるかは分かりません。

 ただし、1週間ほど前に夫が接種したときは1回目アストラゼネカだった人はモデルナ、1回目ファイザーだった人はファイザーだったといいます。一か八かで6月29日に受けることにしました。

接種当日、会場にあったのはモデルナのみ?

 接種会場に着いたのは予約の10分前。前回より空いていました。猛暑の6月29日の予約で1回目のときはマスクを着用しているのに、会場でさらに新たなマスクを渡されて上から着けるようにということでしたが、今回はそのようなことはなかったです。

 ファイザーでありますように、と祈るような気持ちでしたが、会場に入ると「Today’s vaccine: Moderna(今日のワクチンはモデルナ)」と張り紙がしてあります。がっかりです。 接種会場での流れはほぼ1回目と同じでした。

 到着したときに、予約があるか確認があり(予約メールは見せず)、問診票を渡されます。受付でケアカードと1回目でもらったワクチンカードを見せて、問診票の内容を確認されました。

 終わったら仕切り板にの設置された椅子で順番を待っていると、看護師らしき人とデータをインプットする人の二人組が来ます。問診票、ケアカード、ワクチンカードを渡すと、1回目接種後の副反応について聞かれました。私は腕の痛みのみだったと伝えました。

 看護師からは、2回目は1回目より副反応が強い人が多いことを警告されました。それから今日はモデルナを打つけど、ファイザーとモデルナは基本的に同じワクチンと説明されました。

 ワクチン接種はチクリとしますが、あっという間に終わります。その後、15分待機して帰宅しました。

2回目の方がきつかった副反応

 以前、新型インフルエンザのワクチンでひどい頭痛で寝込んだことがあるため、2回目接種のほうが副反応が強いと聞いて心配でした。私の場合は接種当日の腕の痛みが1回目よりひどかったです。ワクチン接種を受けた日はTシャツを脱ぐのが苦痛でした。

 当日は腕が痛いだけでホッとしたのに、翌朝起きると寒気がしました。腕を見ると鳥肌が立っています。猛暑は収まっていたとはいえ長袖が必要でした。

 私が恐れていた発熱や頭痛はありませんでした。ただお昼ごろに身体がだるくて少しベッドで横になったらそのまま2時間ほど眠ってしまいました。猛暑が続いていたため身体が音を上げたのか、ワクチンの副反応だったのか…。ワクチンのせいだと思います。

 幸い腕の痛みは接種2日後にはほぼ消えて、カナダデーにはカヤックができました。

 夫の同僚には接種後数日して接種部位が腫れあがった人がいるそうです。モデルナアームというようですね。私はモデルナアームにはなりませんでした。

 今回、一番がっかりしたのは、接種を終えて待っているとき、ほかの人が「じゃあ、来年ね!」と言っているのを聞いたとき。やはり来年ブースターを打たなければならなのでしょうか。できれば今回で終わりであってほしいです。

 あと、モデルナしかないと書いてありましたが、私のあとで受けた人は18歳でファイザーを打ってもらっていました。

 何はともあれワクチン2回終了! ホッとしました。  

(取材 西川桂子)

合わせて読みたい