8月9日から!アメリカからのワクチン接種完了者の入国規制緩和の詳細

759

 現在、閉鎖されているアメリカとの国境は8月9日に再開、日本をはじめ、世界からの渡航者の入国は9月7日から可能になる。カナダ政府が7月19日に発表した。

 ワクチン接種完了者を対象にした規制緩和は、カナダ国内で新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいること、また感染者数が減っていることを受けてのこと。ただし、これらの規制緩和の実施は引き続き感染者数を抑えることができることが条件となる。

 アメリカからの入国規制緩和について詳細にリポートする。

8月9日からワクチン接種済みの米市民権や永住権を所持する人は観光での入国可能に

 アメリカ市民権または永住権を所持していて、ワクチン接種をカナダ入国の14日以上前に完了している人は、8月9日12:01(東部夏時間)から空路・陸路にかかわらずカナダへの観光目的などの入国が可能となる。

入国の条件

・現在アメリカに居住
・カナダ入国の14日以上前にワクチン接種を完了。ワクチンはカナダ政府が認めるもの
・新型コロナウイルス関連情報をカナダ入国前にArriveCANで提出
・入国前PCR検査を受けて陰性
・カナダ到着時に新型コロナウイルス感染の症状がない
・英語かフランス語のワクチン接種証明書。英仏語以外の場合は証明書に加えて認証を受けた英語、フランス語どちらかの翻訳も必要。接種証明や翻訳は紙もしくはデジタルのいずれでも可

上記の全てを満たす必要がある。

12歳未満の子どもや、精神もしくは身体上の理由で扶養者の場合

ワクチン接種が完了していなくても、条件を満たせば入国可能に

 ワクチン接種が完了していなくても、現在アメリカに住み、アメリカ市民権か永住権を持つ12歳未満の子どもは、カナダへの入国が可能になる。

 ワクチン接種が完了していて、カナダに入国することができる保護者が同伴していることが条件。

 また、現在アメリカに住み、アメリカ市民権か永住権を持つワクチン接種を受けていない被扶養者(精神的、身体的理由)も8月9日から観光での入国が可能になる。やはりワクチン接種が完了していて、カナダに入国することができる保護者が同伴していることが条件となっている。

 保護者は父親か母親、義理の親、後見人など。 

子どもや被扶養者のPCR検査と隔離

 ワクチン接種が完了している保護者などと一緒であれば、接種が終わっていない12歳未満は14日間の自己隔離は不要になる。保護者と一緒に外出することは可能。ただし、公衆衛生対策を守り、入国後14日間はデイケアやキャンプに参加するといったことは避ける。

 空港到着時および8日目のPCR検査は引き続き必要。

隔離計画書の提出は引き続き必要

 規制緩和後もすべての渡航者は引き続き、入国前にArriveCANで隔離計画書を提出する。

継続される入国前PCR検査

・ワクチン接種を終えていても、引き続き入国前PCR検査は必要
・空路ではフライト出発予定時間の72時間以内、アメリカから陸路での入国の場合は入国前72時間以内にアメリカで受けて、陰性の証明を得る
・空港到着時の検査は規制緩和後、無作為に行われる

ホテル隔離は8月9日以後は不要に

 カナダ入国時の政府公認ホテルでの隔離措置は8月9日で撤廃される。

 カナダ国籍や永住権を所持していなくても、8月9日午前12時01分(東部夏時間)以降に空路でカナダに到着する人は不要になる。

航空機での入国では、引き続き機内や空港でマスク着用

 カナダの空港内および航空機で渡航する際、機内では引き続きマスクの着用が必要。ワクチン接種を終えていてもマスクを着ける。

 空港での搭乗前の体温チェックは8月9日で終了する。

インドからの航空便の乗り入れは8月21日まで停止

 インドからの航空便の乗り入れ停止は8月21日まで延長された。この間、第三国を経由してカナダに渡航する乗客は、第三国でPCR検査の陰性証明を受ける。

カナダ政府が認めるワクチン

  • ファイザー-ビオンテック
  • モデルナ
  • アストラゼネカ/コビシールド
  • ヤンセン(ジョンソン&ジョンソン)*1回のみ

の4種類。

 接種はどの国で受けてもよい。

*何らかの健康上の理由でワクチン接種を受けることができない人も、今後、規制緩和の対象になる可能性あり。

(取材 西川桂子)

合わせて読みたい