9月13日から導入が始まった、BCワクチンカードガイド

1290

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州でワクチンパスポート制度が9月13日に導入された。必要となるのは州が発行するワクチン接種証明「BCワクチンカード」。これに伴い、一部のイベントやサービス、ビジネスでBCワクチンカードの提示が必要となっている。現在のところ2022年1月31日までの予定だが状況次第で延長もあるという。

 BC州政府が、カード提示が必要なサービス、必要のないサービスなど詳しい情報を追加発表しているので、ここで紹介する。

ワクチンカード取得

 すでにワクチン接種を受けている人はワクチンカードを取得して、ダウンロード・印刷しておく。
参照:ついに発表、ワクチンパスポート取得方法

ワクチン接種証明の提示が必要

 ワクチン接種対象となっているのは12歳以上。すなわち2009年以前に生まれた人は、次のサービス、イベントやアクティビティでワクチンカードの提示が必要となる。

  • 屋内でのチケット制のスポーツイベント
  • 屋内でのコンサート、劇場、ダンス、交響楽団のイベント
  • 認可されたレストランおよびカフェ、テーブルでのサービスを提供するレストラン、カフェ(屋内および屋外での食事)。ワイナリー、ブルワリー、蒸留所などのテイスティングルームもテーブルでのサービスがある場合は対象。
  • パブ、バーおよびラウンジ(屋内および屋外での食事)
  • ナイトクラブ、カジノ、映画館
  • ジム、エクササイズやダンス施設/スタジオ、およびレクリエーション施設でのこれらのアクティビティ
  • 屋内でのエクササイズ・フィットネス
  • 22歳以上が参加する屋内でのグループスポーツ、チームスポーツ
  • 計画して開催される屋内での50人以上のイベント。例:結婚披露宴、葬式、計画されたパーティ、会議、見本市、ワークショップ
  • 陶芸、芸術、コーラスなど屋内でのグループによるレクリエーションクラスやアクティビティ
  • 大学やカレッジなど高等教育の学生寮
  • 50人以上が参加する屋内での青年のスポーツイベントの観客

*9月20日の総選挙はワクチンカードの提示は不要。

ワクチン接種証明の提示不要

  • 食料品店、リカーストア、薬局
  • ファーストフード、コーヒーショップ、フードコート、フードトラック、テイクアウトなどのテーブルでのサービス提供がないレストラン
  • ワイナリー、ブルワリー、蒸留所などテーブルのないテイスティングルーム
  • 公共交通機関(BCトランジット、トランスリンク、BCフェリー)
  • サロン、美容室、理髪店
  • ホテル、プール、キャビンおよびキャンプ場

  *ホテルのレストラン、結婚披露宴、会議のようなPHO命令下となる場合はカードを提示
  *ホテルのゲスト用エクササイズ・フィットネス施設もカードを提示(ホテル滞在だけならカードの提示は不要)

  • プール(イベント開催場所である場合を除く)や、スケートリンク(大人がリンクでスポーツを行う場合を除く)
  • 銀行・信用組合
  • 小売店、ブティックなど衣料品店
  • 公共図書館、博物館、アートギャラリー(イベントで使用する場合を除く)
  • フードバンクおよびシェルター
  • エスケープルーム、レーザータグ、屋内ペイントボール、ゲームセンター、ボーリング場(テーブルでのサービスがない場合)を除く
  • 大学やカレッジなど高等教育機関のカフェテリア
  • 空港のカフェテリア、レストラン
  • 医療サービス、リハビリテーション、エクササイズを用いたセラピー、薬物やアルコールサポートグループのミーティング

イベントでもワクチン接種証明提示の必要がないもの

  • 礼拝
  • 21歳以下の屋内でのレクリエーションスポーツ
  • キンダーガーデンから12年生までの始業前、および放課後プログラム
  • 公立および私立の幼稚園から高校での生徒によるイベントおよび活動
  • 成人向けスポーツを除く、50人以下の屋内の計画されたイベント

ワクチンカードの使い方

ワクチンカードを提示する場合

 ワクチン接種証明が必要なイベント、ビジネス、サービスでは、ワクチン接種証明書と有効な政府発行の写真付き身分証明書、IDの提示が必要。

有効な政府発行の写真付き身分証明書・ID例:

  • BC州の運転免許証、またはBCサービスカード
  • パスポート

 BC州のサービスカードなどを持っていない場合、他州や準州で発行された運転免許証などの写真付きIDを提示。

レストランなどがワクチンカードをスキャンする場合

 レストランなどワクチン接種証明の提示を受ける必要のあるビジネスでは、QRコードをスキャンするためのアプリ、BC Vaccine Card Verifier app をダウンロード。アプリを使って、サービス利用者がワクチン接種を受けているか確認する。

9/13に導入されたワクチンカード。©the Vancouver Shinpo
9/13に導入されたワクチンカード。©the Vancouver Shinpo

 QRコードをスキャンすると、ワクチンカードの持ち主の氏名と 「fully vaccinated(接種完了)」か「partially vaccinated(1回のみ接種)」「No record found(記録なし)」かが表示される。

 アプリでは氏名と接種が完了しているか、1回のみ接種かが確認できる。それ以外の個人情報は表示されない。

 ただしワクチンカードのQRコードには

  • 氏名
  • 生年月日
  • ワクチン接種日
  • ワクチンの種類
  • ワクチンのロット番号
  • 接種を受けた場所

    の情報も入っている。これは今後、渡航などの際に世界各国でワクチンパスポートが必要(あるいは既に必要)となるため。

今後のスケジュール

ワクチン接種証明の提示が必要な場所では

2021年9月13日
9月13日以降、1回目のワクチン接種を受けていることが必要。

2021年9月26日
ワクチンカード移行期間として、9月13日から26日まではワクチンカードの代わりに接種を受けたときの保健当局発行のカードなどでも可。

2021年10月24日
2回のワクチン接種を終えていることが必要。

2022年1月31日
BC州における一部サービス使用時のワクチンカード提示終了の予定。

(取材 西川桂子)

合わせて読みたい関連記事