水際対策緩和で、カナダから陸路でアメリカへ

1423

 カナダ政府が水際対策を緩和。4月1日以降、カナダに入国する新型コロナウイルスのワクチン接種完了者は、出発前新型コロナウイルス検査の陰性証明書の提示が不要となった。ワクチン接種を終えていれば、高額なコロナ検査を受ける必要がなくなったため、陸路でアメリカを訪れる人が増えている。

 アメリカに関しても新型コロナワクチン接種が完了していれば、観光目的で陸路で訪れることができるようになっている。出発前新型コロナ検査も不要だ。

アメリカ入国

ワクチン接種完了

 アメリカ市民、永住者及び移民ビザ所持者を除き、18歳以上の人は入国時に新型コロナワクチン接種を完了した証明書を提示することが必要。ただし、アメリカ市民権、永住権(グリーンカード所持者)、アメリカへの移民ビザ所持者は、ワクチン接種が完了していなくてもアメリカに入国できる。

 また、アメリカ市民権などがなくても

  • 18歳未満の子ども
  • 医学的にワクチンの接種が不可能な人
  • 緊急の渡航者で、適時にワクチン接種を受けることができない人

も、入国可能。

アメリカ入国で認められているワクチン

1回のみ
・ジョンソン&ジョンソン(J&J)

2回接種が必要なワクチン
・ファイザー(Pfizer-BioNTech)
・モデルナ(Moderna)
・アストラゼネカ(AstraZeneca)
・コバクシン(Covaxin)
・コビシールド(Covishield)
・シノファーム(BIBP/Sinopharm)
・シノバック(Sinovac)
・ノババックス/コババックス(Novavax/Covovax)

新型コロナウイルス検査の陰性証明

 新型コロナウイルス検査の陰性証明については陸路では不要。ただし、空路でアメリカに入国するときには必要。

I-94W

 日本のパスポートを所持する人は、アメリカでの滞在が90日未満であればビザは不要。車や電車など陸路でアメリカに行く場合は、国境で出入国カード「I-94W」の手続きを行う。5月23日から入国の7日前からオンライン(https://i94.cbp.dhs.gov/I94/#/home)やアプリ(https://www.cbp.gov/about/mobile-apps-directory/cbpone)を用いて、I-94Wの提出、および費用の支払いが可能となっている。

 ただし、オンラインやアプリで手続きを済ませていても、指紋採取などが必要なために、従来どおりオフィスに入る必要がある。

 オンラインやアプリで手続きを済ませていない場合は、オフィスに入ってI-94Wを記入、指紋採取、顔写真撮影のあと、6ドル(アメリカドル)を支払う。

 空路でアメリカ入国に必要な ESTAは、陸路でアメリカに入国する場合、現時点では不要だが、2022年10月1日から陸路でもESTAが必要になる。

 4月23日にピースアーチからワシントン州を訪れた日本人女性は、「イースターの週末、アメリカへの国境がとても混雑したと聞き、当日は午前7時過ぎに国境に到着するように出かけました」と語った。

 「国境ではほとんど待たずに入国審査を受けることができました。日本のパスポートを見せると、ESTAを持っているかと聞かれて慌てたのですが、2022年10月からということで、なくても入国できました。ワクチン接種証明書も準備しておいたのですが、提示は求められませんでした。隣の列は私たちの列より時間がかかっていたので、あちらに並んだ人は提示していたのかもしれません」

カナダに帰国

帰国前の準備

 アメリカを訪れるにはワクチン接種を終えている必要があるため、記事は接種を完了していることを前提に必要書類などをまとめた。

新型コロナウイルス検査の陰性証明

 空路、陸路、海路で2022年4月1以降、カナダに入国する12歳以上の新型コロナワクチン接種完了者は、出発前新型コロナウイルス検査の陰性証明書の提示は不要となった。

 さらに4月25日以降は、ワクチン接種が1回のみ、あるいは接種を受けていない5歳から11歳の子どもについても、接種を終えた保護者が同行していれば、カナダ入国前に新型コロナ検査を行う必要がなくなった。12歳から18歳まででワクチン接種を終えていない場合は陰性証明が必要。

ArriveCAN

ArriveCAN登録を忘れずに!Photo from Government of Canada Website
ArriveCAN登録を忘れずに!Photo from Government of Canada Website

 ワクチン接種を完了しているかどうか、カナダ市民権や永住権などを持っているかにかかわらず、カナダに入国の際にはArriveCANへの登録を終えている必要がある。手続きはカナダ到着の72時間前に行う。最大で8人まで1人のアカウントで登録することができる。

 ワクチン接種を完了している場合はワクチン接種証明書をArriveCANにアップロードする。

 手続きを完了すると、「Your ArriveCAN Receipt」というタイトルのEメールが送られてくるので、国境を通過するときに提示する。

 ArriveCANへの登録を行わず、国境に到着した場合、
・列から離れてArriveCANへの登録を終えてから、もう一度並んで国境を通過する。
または
・混み具合によっては、その場で手続きをさせてもらえることもある。

 前述のワシントン州を訪れた女性は「カナダに戻って来たのは午後8時を過ぎていて、国境での待ち時間は5分以下という表示が見えてホッとしました。でもサクサク進んでいた入国審査が、私たちの2台前で動かなくなってしまいました」という。

 「2台とも運転手がQRコードのワクチン証明書を見せていたので、ArriveCANを終えていなかったのかもしれません。結局、入国に30分近くかかりました。後ろで待っている人にも迷惑がかかるので、ちゃんと準備して国境を越えてほしいと思いました」

ArriveCAN から「Your ArriveCAN Receipt / Votre reçu ArriveCAN」という件名でメールが届く。©The Vancouver Shinpo
ArriveCAN から「Your ArriveCAN Receipt / Votre reçu ArriveCAN」という件名でメールが届く。©The Vancouver Shinpo

メトロバンクーバー近辺のアメリカとの国境

ピースアーチ
24時間
商業用車両は利用できない

パシフィックハイウェイ
24時間

リンデン・アルダグローブ
午前8時から深夜0時

スマス・アボツフォード
24時間

ポイントロバーツ・バウンダリーベイ
24時間

(取材 西川桂子)

合わせて読みたい関連記事