国別対抗サッカー大会 日系選手らが奮闘

468
集まった日系の選手たち。写真提供 馬目広三さん
集まった日系の選手たち。写真提供 馬目広三さん

 アマチュアサッカー選手らが出身国や民族的バックグラウンド別でチームに分かれてプレイする、ネーションズカップのユース向け大会、「ユースネーションズカップ」が、10月8日から10日までクローバーデールアスレチックパークで開催された。

 ユース大会ということで U18でプレイする2004年以降に生まれた子どもたちが試合に参加した。

 大人向けの大会、ネーションズカップは以前から毎年、リッチモンドで開催されてきた。2019年7月の大会後は2020年、2021年と2年連続でキャンセルとなった。

 ユース部門の大会は今年が初めての開催で、今回はトーナメント方式などで順位を決めずに、国別対抗イベントとして行われた。3日間の開催期間に各チームが2~3試合を戦った。

 男子で参加したのは、日本とカナダ以外には、インド、南太平洋/フィジー、イタリア、先住民、クロアチア、ラテンアメリカ、中国の9カ国と地域。各チームとも普段は住んでいる地域のトップチームでプレイする選手が多数参加して、レベルの高い戦いとなった。

 日本チームはラテンアメリカとの初戦を2-0と競り勝った。続くインド戦は1-4で敗れたが、NIFA先住民グループに対しては12-0 で圧勝。2勝1敗で大会を終えた。

 チームを率いた 馬目広三さんは、「大会を通して日系の子ども達がたくさん集まってくれました。次回の大きな大会は来年夏のメンズネーションズカップです。その間、今まで集まった選手たちとのトレーニング、他の大会やリーグ戦、練習試合を通して次の大会に向けて頑張っていきたいと思います」と力強く抱負を語った。

 今後は活動をしながら新しいメンバーのリクルートも同時に行っていくという。

連絡先
mitchtasaka@gmail.com

ユースネーションズカップ(2021年)
https://ja.youthnationscup.com

次世代を担うちびっ子プレイヤーも応援に駆け付けた。写真提供 馬目広三さん
次世代を担うちびっ子プレイヤーも応援に駆け付けた。写真提供 馬目広三さん
ユースネーションズカップで戦った日本代表チーム。写真提供 馬目広三さん
ユースネーションズカップで戦った日本代表チーム。写真提供 馬目広三さん

(取材 西川桂子)

合わせて読みたい